緑内障について知っておきましょう

緑内障とは、視神経乳頭、視野の特徴的変化の少なくとも1つを有し、通常、眼圧を低下させることにより視神経乳頭の症状の改善あるいは進行を阻止しうる機能的異常を特徴とする疾患のことです。
隅角の大きさによって、開放隅角緑内障と閉塞隅角緑内障に分類されます。
また、眼圧が正常であるにもかかわらず、視神経の変性を来したものを正常眼圧緑内障といい、日本人に多いです。
緑内障の症状としては視野狭窄と視力低下が見られます。
本症の視野狭窄は、周辺視野から障害され中心視野の障害が現れにくいため、末期まで視野の異常を自覚しにくく、失明に至る場合もあります。
閉塞隅角緑内障の治療では、手術やレーザー療法などが行われますが、基本的には眼圧を低下させることを目的に薬物療法を行います。
治療に用いられる薬物は、主に眼房水産生抑制薬(アドレナリンβ受容体遮断薬や炭酸脱水素酵素阻害薬など)と眼房水排泄促進薬(プロスタグランジン製剤など)です。

Copyright©医療 All Rights Reserved.

医療